鎌ケ谷市カブトムシプロジェクト

カブトムシ&かまたん

Q.カブトムシプロジェクトって何?どうして鎌ケ谷でカブトムシなの?

(A.)
 鎌ケ谷市の特産である梨の栽培過程で発生する剪定枝のチップは、その栄養価などから、カブトムシの産卵場として好まれる傾向があります。
そのため、梨の栽培が盛んな鎌ケ谷市には、カブトムシも古くから生息していたことが推察され、『カブトムシゆかりの故郷』と言えます。
 また、鎌ケ谷市は北海道日本ハムファイターズのファームがあり、2軍選手が1軍選手へと育って行く土地です。
 この野球選手とカブトムシの「育つ」という共通のキーワードをもとに、市では、ファイターズや市内梨農家さんの協力を得ながら、『カブトムシプロジェクト(生まれも育ちも鎌ケ谷カブトムシ)』を推進しています。

これまでの取組み(平成25年度~)

○北海道日本ハムファイターズ、市内梨園、鎌ケ谷市による共同プロジェクト立ち上げ。
○ファイターズ鎌ケ谷スタジアムをはじめ、市内数か所にカブトムシ飼育場を設置。
kabutomushi-hiroba

○梨の剪定枝を砕いて、チップにする作業風景です。チップの山は市内各所に運ぶため、重作業です。
カブトムシ作業

カブトムシ作業

○市役所職員も一緒にカブトムシを育てます。
kabutomushi-seityu

○普段はあまり見られないカブトムシのさなぎです。
カブトムシさなぎ
 

○ファイターズ鎌ケ谷スタジアムの球団イベント時に、カブトムシの幼虫や成虫を無料配布。
カブトムシイベント

カブトムシイベント

○鎌ケ谷市内の小学校に幼虫、飼育ケースを配布、「鎌ケ谷市とカブトムシの関係」というテーマで特別授業を実施。
○こどもたちの観察日記をファイターズ鎌ケ谷スタジアムに掲示。
kabutomushi-jugyou

カブトムシブリーダー制度

 鎌ケ谷市では、イベントの場や小学校へ配布するカブトムシの安定的な確保のため、また、こどもたちに命の大切さや郷土愛を学んでもらうため、カブトムシを一緒に育ててくれる、「ブリーダー」制度を平成28年度に創設しました。親子で一緒に”鎌ケ谷産”のカブトムシを育ててみませんか。
カブトムシブリーダーチラシ

条 件  ○小学生以下の親子(市内在住の方優先)
○5月1日(火)以降、市役所商工振興課にて、幼虫の受け取りができる
○秋以降、生まれた幼虫の回収に協力できる
定 員 10組(先着順)
注 意 育成にかかる費用は、自己負担となります。
申込期間 4月16日(月)~4月27日(金)
※定員につき、平成29年度の応募は終了しました。
申込方法 上記期間中に商工振興課(市役所2階)窓口 もしくは TEL 047-445-1240
そ の 他 ブリーダーに参加いただいたお子さまには、オリジナルの認定グッズをプレゼント♪